画集絶版によりご注文ページの受付を終了しました。
(※ 9月6日現在、ご注文済みの皆様はご安心ください)


8月2日から開催した福岡個展に合わせて出版した今回の画集ですが、たいへん残念ですが早々に絶版の運びとなってしまいました...

実は今回の画集はオンデマンド印刷という印刷方法で印刷しております。
オンデマンド印刷とは、「必要なものを、必要な時に、必要な部数だけ」印刷する印刷方法で、一般的なオフセット印刷よりも少部数で印刷することができますが、大量に印刷する場合、同等品質の印刷ができる一般的なオフセット印刷と比べると品質が不安定になるデメリットがあります。

画集という特性から、印刷の色味を確認する作業(色校正)を繰り返し行なっていましたが、もともと少量印刷に適した印刷方法のため、今回のような240ページもある画集の品質を保つのはとても容易なことではなく、出版社さんも僕もとても頑張りましたが、結果的に大量の検品作業が必要となり、コスト的にも制作工程的にも大変無駄が多く、出版続行は現実的に厳しいという状況に見舞われてしまいました。

大変残念ではありますが、この1ヶ月の間、増刷が追いつかないほどに多くの人の手元に渡り、たくさんのお喜びの声や、本のご感想をいただいた事実は変わりません。
おかげさまで僕は、出版前よりもこの本に描いた絵と文章に、誇りと自信と使命感を持つことができましたし、この本を待っている人が、世界中にはまだまだ沢山いると確信しています。
僕が思っている以上に、この本にはとても大切なメッセージが記されているからこそ、今ここで絶版という災難(試練)に見舞われているとも思っています。

全ては今ここから新しく始まると、この本にも書きました。
諦めたら全ては終わりますが、僕はまだまだ元気です。今ここで新たな扉を開き、自分の足で出版社を探し、いつかまた皆さんの元にお届けできるよう頑張ります。
今回、この画集をお届けできた方は本当に特別な方だと思っています。どうかこの画集が再び広い世界に行き渡りますように、今後とも応援していただけましたら幸いです。

最後に...
もし、私の画集に興味を持っていただけて、オフセット印刷で画集や写真集など美術系も可能な出版社さんにお心当たりありましたら、 どうぞご紹介ください。
印刷予算もなく、在庫管理もできないので、自費出版は考えていませんが、今回の画集の出版権については、出版元の虹色社は放棄しているので、新たな出版権として、同じ表紙と内容の画集としてご出版いただくことは可能です。どうぞよろしくお願いいたします。


                                      2018年9月6日 浦 正

You may also like

Back to Top